健康野菜

無肥料栽培

埼玉の農園では、もちろん無農薬で野菜を育てております。
うちのお坊さんが農園を借り始めた4年前から、農薬や化学肥料は一切使用していません。
ということで、うちで育てているのは「有機」と名乗るに値する野菜たちなのですが(有機野菜と呼ばれるためには、野菜なら種まき・苗の植え付けの2年以上(果物や多年作物は収穫前3年以上)前から農薬や化学肥料を使用しないで有機的に土づくりされた畑で生産されなければなりません)、このたび我が家にやってきたのは、有機栽培の一歩先を行く「無肥料栽培」で作られたお野菜たちです。

ちょうどでは夏野菜を植えつけ始めた時期で、収穫物がタマネギくらいしかありませんので、野菜の宅配で「野菜セット」を頼んでみました。
今回のセット内容は以下のとおり。

甘夏みかん、そら豆、たまねぎ
Vege2_2

かぶ、じゃがいも、大根
Vege1_2

無肥料栽培は、自然栽培または自然農法とも言われている自然優先な農法で、もちろん農薬は使いません。そして、その名のとおり肥料も使いません。
ちなみに、うちの畑では天然物質に由来する有機肥料は使っています。使ったほうが育ちが良くなりますからね。

でも、無肥料栽培は有機肥料や堆肥すら一切使わず、「土そのものの力をつけていく」のだそうです。土が本来もっている機能を最大限に発揮できる状態になると肥料を入れる必要すらなくなる、というのが基本的な考え方のようです。
つまり、土壌改良のみで野菜が育ちやすい環境を作り出していくということですね。
その土壌改良に大変な労力と時間がかかるようですが。。。

無肥料栽培と言えば、「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さん。以前、「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも取り上げられていたので、ご存知の方も多いかと思います。優しい笑顔が印象的なおじさまですね。

無肥料栽培のメリットの一つは、肥料が必要ないので経済的だという点。
でも、私が一番驚いたのは、虫がほとんどいなくなる!ということ。
青虫やアブラムシなどの害虫に悩まされずに済むなんて、野菜を少しでも育てたことのある人には信じられないような話ですが、事実のようです。
肥料を入れない土で育った野菜には、害虫は自然と寄ってこなくなるそうです。

一般的に、「ミミズがたくさん住んでいる土は良い土だ」と言われており、現にうちの畑にもウヨウヨ住んでいらっしゃるのですが、そんなミミズ君もいなくなるみたい。
土を耕している時にニョロリと突然出てくる彼らに何度も何度もビクッとさせられている都会っ子としては、これは魅力的!!

さらに驚いたのは、野菜が腐らないということ。腐って臭くなるのではなく、穏やかに熟成していくのだそうです。
ちょうど木村さんのリンゴを半年保存した写真を見つけましたので、(勝手に)リンクさせてもらいますと→ →木村さんのリンゴ腐敗実験 

私も試しに甘夏みかんで実験してみようかと思いましたが、宅配が届いてから昨日で24日目。とうとう食い気とツワリに負けて完食してしまいましたw 美味しかった~☆

うちの畑で無肥料栽培を実践するには色々と関門があり難しそうですが、無肥料栽培の野菜料理が食べられるカフェが横浜にあるそうなので、体調が安定したら行きたいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

七草粥の日。

Okayu2

Nanakusa1_3 Nanakusa2_3

結婚して初めて迎える七草粥の日。暦の上では1月7日(水曜日)のはずでした。

都会育ちの嫁(=私)でも、七草のうち二種類は自分たちも栽培している野菜だということは知っていました。 ススナ(カブ)とスズシロ(大根)。
が、年末から年始にかけて農園に行く機会を逃し、6日の時点で冷蔵庫にあるのはカブも大根も根の部分のみ。
せっかく作るんなら、それぞれ葉の部分も欲しいところ。

でも、畑に行けばあるわけだから、わざわざ買うのもなぁ…。 週末には畑に行く予定だし、それ以降に作ればいいや!
と、フレキシブルな(?)嫁は、7日の朝に食べるという習わしをアッサリ延期。
「7日の朝に」が重要なのではなく、「食べる」ことに意義があろう、と勝手な解釈をしつつw

そして週末。無事に二種類を収穫し、それ以外の野菜を買うためにスーパーへ。
そこで嫁は思いつく。 おせち料理しかり、七草粥にも「おふくろの味」があるはず。 なので、鹿児島の味を伝授させていただこう!と。
早速、買い物をしながら鹿児島のおかあさんに電話する。

すると、「草なんか買わんでいい。こっちの畑で摘み取って送っちゃる。」とのこと。
毎度毎度、恐れ入ります。

と、前置きが長くなりましたが、そんなこんなで遅ればせながら七草粥をいただいたわけです。
鹿児島産と埼玉産の合作七種類のお野菜で。セリとハコベラたっぷりで。ゴハンはモチモチなコシヒカリの玄米で。

都会っ子のために、おかあさんがわざわざ付けてくださった各々の草の名札。嬉しかったし覚えたかったので、名札と草とを何度も照らし合わせました。 覚えが悪いので写真にも残しました。

ということで、優しさと滋味あふれる七草粥をいただきつつ、無事に無病息災を願うことができたのでした。

・・・来年は暦どおりに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日一粒!

Curry3

アピオス(アメリカほど芋)を収穫しました。

アピオスはマメ科の植物で、原産である北米では先住民族の強精食となっていたほど栄養価が高いそう。
念のため栄養成分表を確認してみると、たしかにタンパク質や鉄分が他のイモ類に比べて多く、特にカルシウムはジャガイモの50倍も! しかもお肌に良いビタミンCやビタミンEも含まれているとのこと。

見かけは少々悪いけど、調理方法知らないけど、そんなに精力いらないけど(深い意味なし)、体にもお肌にも良いと聞いたら欲張ってたくさん食べたいお年頃。

ということで、まずはシンプルに皮ごと塩茹でしてみました。

う~ん。。。 皮の中はジャガイモっぽいような。 皮ごと食べてみるとムカゴっぽいような。
いずれにしてもパサパサした食感で、栄養価は高いんだろうけど沢山は食べられない。

パサパサ加減を緩和するべく次の日はお味噌汁に入れてみたけれど、やはり1粒で満足値。
その翌日は最後の手段(?)として豆乳カレーに投入。 パサリ具合こそ紛れたけども、結局評価が上がることもなく。

ということで、決して美味しくないわけじゃないんだけど、少々残念なアピオスさん。 そんなに精力も必要ないので(しつこいって?)私は1日1粒で充分です。

でも、やはり抜群の栄養価は見逃せないので、来年は美味しくいただけるよう料理の腕を磨いておかねば!

| | コメント (2) | トラックバック (0)