あけましておめでとうございます!

すっかりご無沙汰しております。
更新が滞っていたのは、娘のお世話のため畑作業がなかなか出来ず(ほぼ毎週のように畑には行っていたものの・・・)、ゆっくり写真も撮れなかったためなのですが、昨年も畑仲間の皆さんと無農薬&無肥料の安納芋を作り、た~くさんの美味しい安納芋を収穫することができました。

このようにベビーカーでスヤスヤ寝てくれている隙に、せっせと芋掘り。
Img_39553

そんな娘も11月に無事1歳の誕生日を迎え、できることがグンと増えてきました。

1.目に入るもの入るものを指さし、「んん?んん?」と一人忙しく問いかけている
2.アンパンマンのオモチャを指さし、「アンパ?」と言う(確率約7割)
3.名前を呼ぶと、手を上げて「はい」と返事する(確率約5割)
4.帽子が好き(帽子を見つけると被ろうとする、もしくは被せろと催促する)
Img_44663

5.意味もなく「いいや」と言う(大好きな絵本のカバさんのセリフを覚えてしまったよう…)
6.童謡のリズムに合わせてオリジナルの振り付けを披露してくれる(疲れるまでリピートする)
7.遅ればせながら人見知りが始まってしまった
8.室内ではテクテクと忙しそうに歩きまわる

そして、卒乳を機に急に食欲が旺盛になってきたので、娘がたくさん食べられるようにとマクロビオティックのレシピをお手本に、豆腐のケーキを誕生日に。
Img_38965
がんばって作った甲斐あり、大好きなイチゴと共にパクパクとたくさん食べてくれました。

そんなこんな昨年でしたが、今年は畑の中を歩き回るようになるのでしょうか。
少しでも一緒に畑作業ができるようになるのでしょうか。

畑での新しい試み(自家採種!)も始まろうとしているので楽しみです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします☆
Img_41533

| | コメント (6) | トラックバック (0)

シーズン到来!

春になり暖かくなってきたかと思えば急に寒くなったり、そして暑くなったりと気まぐれな天気が続いていたせいで、ベランダの育苗ハウス(昨年の「苺ハウス」を用途変更しただけですがw)の温度管理が難しく、夏野菜(特にトウモロコシとトマト)の苗の成育がイマイチでした。
畑のイチゴも、やはり大地に根付いていないためか章姫以外は期待できない状態になってきました。
Img_25163
という野菜事情の為、すっかり更新が滞っていたブログですが。。。
今年もまた、安納芋の立派な苗が鹿児島から届きました!!

埼玉の畑で植える安納芋(オトナの事情により、厳密には「安納」とは名乗れないようですが…)も、今年で3作目。
昨年までは、クワを使って畝を立てる作業や、マルチシート(土の乾燥や雑草の発生を予防するシート)をかける作業など、全て人力で行っていました。
畑が広いだけに、まっすぐに畝が立てられなかったり、シートがパタパタと風に煽られてなかなか畝に掛けられなかったり、何かと骨の折れる作業でした。
・・・が、今年は違うのです!
畑仲間のカッコイイ新兵器のおかげで、まっすぐな畝+ピーンと張られたマルチ掛けが短時間で出来ちゃいました!
いつか私も、こんなカッコイイ農機器を操縦してみたいなぁ(本気です)
Img_31213

まずはGWに第一弾の約600本。
Img_30683

そして翌週に約2000本。
Img_31113

畑仲間に美菜の相手をしていただき、私も植えることができました。R00103644

第一弾の苗が無事に活着し、ホッと一安心。
Img_31053

今年もまた美味しい安納芋が食べられますように!と、もちろん収穫も楽しみですが、今回は、苗を植えた場所によって土壌の性質がそれぞれ異なっており、その違いが出来映えにどう影響するかを調べる実験も兼ねているので、そちらも楽しみ。

苗を一本一本植えていると、場所によっては土の感触や硬さに早くも違いがあらわれており(マイタケの廃菌床を入れた箇所の土はフカフカ柔らかくなっていました!)、今後の経過に期待が高まります☆

この人も土壌が気になるのでしょうか、ただ安納芋を早く食べたいだけでしょうか、お気に入りのオモチャを噛みしめつつ、張り切って(?)畑に出かけております。
Img_30173

| | コメント (8) | トラックバック (0)

英才教育?!

父さんと一緒に何やら読んでいる(?)美菜氏。
Img_57974_2

何かと思えば、「現代農業」最新号の「自然農法イネの安定栽培技術」について。
日頃から間接的に自然農法のお米(玄米)を食べているからでしょうか、かなり興味津々のご様子です(笑)。こころなしか眉間に力がこもっております。

自然農法とは、農薬や化学肥料はもちろんのこと、有機肥料すら施さない農法。
「奇跡のリンゴ」の木村さんも、この無肥料自然栽培で有名です。

まだまだ安定供給が難しいとされるイネの無肥料自然栽培。
化学肥料や農薬を使わないんだったら、有機栽培とそんなに違いがないのでは?と思いがちですが、同じ条件で炊いて保存した実験では、有機栽培のお米はカビが生えて腐っていったのに対して、自然栽培米は腐らず発酵していったんだとか。

「余分なものがある→腐る」という理屈ゆえ、奇跡のリンゴと同様、余分な肥料分が含まれていない土で一生懸命育ったイネの生命力は強く、腐らないとのこと。

そのようなお米を間接的に毎日召し上がっておられる美菜さん。
安定栽培技術について学んだことだし(?)、無肥料栽培のイネのように(?)強く、たくましく育ってね!
Img_57993

| | コメント (10) | トラックバック (0)

収穫!

久々に畑に行ってまいりました!

思い起こせば、小麦の種を播くつもりで畑に行ったのが出産の2日前のこと。
それ以来のご無沙汰なので、かれこれ2ヶ月ちょっと。
それほどの期間放置していたのもかかわらず、立派に育ってくれていた無農薬&無肥料の野菜たち。
ブロッコリー、キャベツ、白菜、そして今シーズン最も楽しみにしていた「深ねぎ」を収穫しました。
さすが、肥料を与えずして育っただけのことはあり、いずれもギュッと締まっていて甘い味わい。
なので、蒸すだけでも立派な一品になるのですが、せっかくなので、前々からチェックしていた「うーらさん」の「長ネギの豆乳煮」を作ってみました。
Img_57443_4   
長ねぎは、白い部分が固いほど良質とのことですが、まさにその通り!
グイッと包丁に力を込めないと切れないほど。密度の濃さが伝わってきます。

ところが、フライパンで焼いて焦げ目をつけ、だし+豆乳+白味噌で煮ると、トロットロに柔らかく甘~くなるのが不思議なもの。
ネギから染み出るトロミのおかげでホワイトシチュー風にコクも生まれ、長ネギを1人1本分ペロリと食べちゃいました。
そして、あまりの美味しさに2日連続で作ってしまった次第です。
うーらさん、ごちそうさまでした~☆

++成長記録++
相変わらず体は小さめちゃんの美菜ですが、モノを目で追うようになり、表情も少しずつ出てきました。
Img_55283

機嫌の良い時は、何やら喋りたいのか「ア~」とか「ウ~」とか言っています。
Img_55113_2
そして、父さんの膝の上が特等席。
居心地の良いリクライニングシートに座ってご満悦な様子です。Img_57153_3

また畑にも行こうね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

出産報告

遅くなってしまいましたが、ご報告を。

2009年11月22日、午後7時7分。
無事に出産いたしました!

母子手帳の記録によると、分娩所要時間は10時間15分。
いつ終わるとも分からない痛みに耐えている時は、
とてもとても長く感じられたけれど、初産にしては安産のようでした。

陣痛中は何度か力尽きそうになったけれど、
なんとか最後まで持ちこたえ、底力が湧いてきたのは、
畳に敷かれた布団の上でもがき苦しむ私の腰をずっとさすり続けてくれた主人や、
泣き叫ぶ私をなだめ続けてくれた助産師さん、
そして、出産前に励ましの言葉をくださった皆さまのおかげです。

安産だったおかげで、バースプランの中で私が最も重視していた「ヘソの緒は主人に切ってほしい」も叶えられ、「出産直後にはカンガルーケアを」も実現し、ホヤホヤの赤ちゃんの肌の温もりを胸の上で感じたとき、涙が溢れてきました。
よくぞ生まれてきてくれました!

その後、私と赤ちゃんの調子がイマイチだったため産院からの退院が一日延びたり、退院後4日目に産院に再入院してしまったり、
その後転院して新生児科にお世話になったりしましたが、
ようやく3度目の退院を果たし、親子3人の心安らぐ生活が再スタートしました!

慣れない育児に奮闘する日々ですが、今は何よりも我が家で一緒に過ごせることの幸せを満喫しています。

出産直後にアレコレと重なってしまい、落ち着くまでもう少しかかりますが、
日に日に成長していく赤ちゃんを見ていると心癒され、力が湧いてきます☆

私たち家族の元気の源、美菜(みな)です。よろしくね!

Img_53283

| | コメント (13) | トラックバック (0)

«ジョン君4コマ!